漫画やアニメのネタバレサイト

漫画大全

漫画ネタバレ

ヒロアカ【203話】柔軟!骨抜柔造!のあらすじとネタバレ

投稿日:

この記事では10月29日発売の少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア』のあらすじやネタバレを記事にしています。

 

 

【前回のあらすじ】

第三セットを前に、エンデヴァーの厳しい訓練を思い返す轟。

試合が始まると同時に、B組の鉄哲は建物を破壊して真っ向勝負を叫びました。

僕のヒーローアカデミア【203話】柔軟!骨抜柔造!のネタバレ

 

【氷結ぶっぱ】

スマホのメッセージアプリを眺めながら、過去の過酷な訓練を悔やむエンデヴァー。

今だからこそ伝えるべき技があると、既読スルーする息子に届かぬ想いを叫びます。

父の心も知らず、B組と戦うべく轟は仲間とともに駆けて行きます。

鉄哲の独断専行で大きく開けたフィールドを前に、A組の動向を推測するB組の面々。

骨抜の予想通り、轟の大規模な氷結攻撃により急襲します。

轟の氷のぶっ放しを見て、威力と改良に感嘆の声を上げる見学中のA組の面々。

隙をついて得意のレシプロバーストで仕掛ける飯田を、鉄哲は吠えて正面から待ち受けます。

しかし推薦組の肩書きは伊達ではなく、B組の骨抜は冷静に対応。

骨抜の個性「柔化」により、氷自体を瞬時に柔らかくして無効化してしまいます。

 

【B組の反撃】

骨抜の能力はそれだけにとどまらず、A組がたどり着く前にフィールドのあちこちを柔化でトラップにしていました。

氷の対処と同時に機先を制したB組は、タイミングを逃さずA組の連携を崩していきます。

速度が驚異的な飯田は、地面にも適用していた骨抜の能力を解除して固定、拘束。

個性が「尻尾」の尾白には、生身ではガードの難しい回転攻撃を行う回原があたります。

また、情報収集能力の優れた障子を、角取の角による遠隔攻撃で轟の防御から引き離して対処。

虚をつかれた轟に、角のサポートを受けた鉄哲が氷を砕きながら直接戦闘を仕掛けました。

A組の長所を作戦で的確に抑えた骨抜は、飯田を一旦放置して鉄哲の加勢に向かおうとします。

時間制限のあるレシプロバーストを開幕から発動するのは悪手だと骨抜は言い捨てますが、飯田は否定。

その理由は、時間制限という枷は既に取り払われていたから。

会得していた新技(ニュースロットル)の名は、「レシプロターボ」。

固定していた地面をその足で砕きながら、反撃の意思を表明するのでした。

僕のヒーローアカデミア【203話】柔軟!骨抜柔造!の感想

圧倒的な威力だった轟の攻撃に、いともたやすく対応してしまう骨抜の能力は恐ろしいですね。

飯田も新たな技が出ましたが、思考も柔軟な骨抜は真正面から戦ってくれるでしょうか。

そして鉄哲との近距離戦闘に角取の角の半数による補助が続き、恐らく最も苦戦するであろう轟。

エンデヴァーの願いが届き、炎を扱う新技が披露されるのでは、と期待が膨らみますね。

次回の僕のヒーローアカデミア【204話】の週刊少年ジャンプ発売日は11月5日になります。

 

まとめ

以上、僕のヒーローアカデミア【第204話】柔軟!骨抜柔道!のネタバレ・感想を紹介しました。

-漫画ネタバレ

Copyright© 漫画大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.